MENU

便秘解消のポイント

便秘というのは大腸の動きが悪いために起こるといわれていますが、排便の習慣を毎日つけるようにすると便秘が解消されるといわれています。まずは生活のリズムを毎日規則正しくして、好き嫌いなどもできるだけなくして食生活のリズムも正しくしましょう。そして毎日の排便の習慣をつけることで便秘が解消されます。排便の習慣は朝起きてすぐの冷水が効果的です。朝起きて1杯の水を飲むことで腸が刺激されて便秘の解消になるといわれています。そして朝食のあとに少したってからトイレに行って座るだけでも排便の習慣がついて便秘の解消になるといわれています。

 

また食生活では便秘の解消に効果のある食べ物を出来るだけ食べるようにしたいものですね。例えば食物繊維が豊富に含まれている野菜を食べたり、海草、きのこやこんにゃく、果物などを食べるのも便秘の解消になりますし、ガスを出すような芋やかぼちゃ、栗などを食べるのも便秘解消にいいでしょう。もしもいろいろ試してそれでも便秘が解消されない場合には、刺激性のある便秘薬、下剤を使って出して見るといいかもしれませんが、毎日使うのではなくて、一度出たらまた先ほど紹介した便秘解消の習慣にするようにします。

便秘解消とビフィズス菌

 

便秘にはビフィズス菌が良いと聞いたことがよくありますが、ビフィズス菌って何でしょうか?ビフィズス菌はヨーグルトなどに含まれているのですがこのビフィズス菌がなぜ便秘に効果があるのか紹介したいと思います。その理由に、例えばお年寄りの人というのは便秘になりやすいといわれていますが、お年寄りの腸の中を検査するとビフィズス菌が5パーセントしか存在していなかったそうです。ビフィズス菌というのは腸の中に住んでいる細菌の種類の善玉菌なのですがそれが少ないということは悪玉菌が増えていてこれが便秘の原因になって腸の動きを抑えていると考えられますよね。ですから腸の働きをヨクして腸の中に含まれている善玉菌を増やすことで腸は活発に働いてくれますからそうしなければいくら食物繊維を沢山とっても便秘になってしまうのです。ですから出来るだけヨーグルトなどを食べてお腹の中の善玉菌を増やすようにして便秘解消に努めなければなりません。

 

ヨーグルト以外にも、最近ではビフィズス菌が含まれている飲み物などもありますから手軽にビフィズス菌を摂取できるようになりました。便秘を根本的に改善したいと思っている人はビフィズス菌を毎日でもとるように気をつけると良いと思います。

便秘解消に便を柔らかくする

便秘解消のために便を柔らかくするという方法があります。便秘解消に便を柔らかくするには、どうすればいいのか紹介したいと思います。便秘解消に便を柔らかくするには、水分が一番だとも言われていますし、水分補給を行うと便に水分が含まれて便秘になりにくいスムーズな排便の出来る便になるといわれています。ですが、水分補給をガンあったとしても口から入った水分というのは意外とすぐに腸で吸収されてしまいます。ですから便秘解消で便を柔らかくする時は水分よりも食物繊維をとったほうが便を柔らかくすることができるといわれています。

 

一日に大体食物繊維を便秘で悩んでいる人は25グラムくらい食べると便秘の解消につながるといわれています。日本人が平均して食べている食物繊維の量というのは一日に15グラムほどだといわれていますから、便秘になりやすいようです。ですから、水分補給ももちろん適度に行ってそれと同時に一日に最低でも25グラムくらいの食物繊維をとるようにすることが便秘の解消になる便を柔らかく出来る方法です。便が排便されやすい柔らかさになればスムーズに排便されて便秘の解消につながります。便秘を根本的に解消したいと思っている人は食物繊維をとって便を柔らかくしましょう。